春日井市民会館で、
キャラメルボックスの舞台
嵐になるまで待って愛知公演
観てきましたよ。

キャラメルボックス『嵐になるまで待って』 in 春日井市民会館

今回が5度目の上演となる
キャラメルボックスの代表作のひとつ。

2002年版と2008年版を
DVDで観たことはありましたけど、
生で観るのは今回が初めて。

オープニングの
あのダンスシーンからもう痺れました…。

そして、2002年にユーリを演じていた
岡内美喜子さんが雪絵を演じるとは、
感慨深いものがあって、そして
その手話の演技に圧倒されましたよ。

鍛治本大樹さん演じる波多野も良くて、
この姉弟は好きだなぁ。過去の作品と
印象が変わりました。

は〜、やっぱり生で観るのは
感動が違いますね!

改めて、劇場へ足を運ぶことの
意味を感じられました〜。


P.S.
愛知公演、三重公演を終えて、次は
サンケイホールブリーゼにて大阪公演。

明後日10/14(金)から3日間。

お近くの方は是非劇場へ〜。
(名古屋からも結構近いですよ)


P.S.(2)
今回のゲスト、
幸吉役の一色亮平さんの動きのキレに
次公演『ゴールデンスランバー』の
期待が更に高まりました…。
関連記事
スポンサーサイト

或るアホウの一生(2)/トウテムポール[漫画]

くるくる自転車ライフ/こやまけいこ[漫画]