おそ松さん』ならカラ松推しです。

さてさて。
随分前ですけど、
平尾アウリさんの漫画
推しが武道館いってくれたら死ぬ
1巻を読みました。



『私の人生には舞菜の
1分1秒が必要なんです!!』


これ、面白かった〜。

地下アイドルヲタ(?)のお話なので
ちょっとこってりしそうなんですけど、
主人公が女性だったり描き方などで
割とさらりとしていて読みやすいです。
(裏テーマは『純愛』だそうです)

でも、さらりとしていても、
その様子やあるあるなどが
丁寧に描かれているので
読み応えがあって面白いんです!

なので、
漫画好きの患者さんにお話しようと
このタイトルを伝えたら

「え?どういう意味ですか?」

という反応をされました。

なるほど。
言われてみれば

「『推し』ってなに?」
「なんで『武道館』?」
「なんで『死ぬ」の?」


となるのかも。

でも読めば、その意味も
そのまんまなタイトルだということも
そして面白さも分かるので是非。
(良いタイトルですよね〜)


P.S.
そう言えば先日、別の患者さんが

「この間『推し』の意味を知りました。
会社の人がアイドル好きなので…」


というようなことを
おっしゃっていましたっけ…。
関連記事
スポンサーサイト

今夜のおやつは干し芋スティック

柔らかい虫と硬い虫