横山了一さんの
北と西の県民性エッセイ漫画
北のダンナと西のヨメ』を読みました。



「ねーこの米
うるかしといていい?」


北海道出身の夫(作者)と
兵庫県出身の妻。

互いの県民性の違いに
驚き戸惑い迎合する様子が
とても楽しいです!
(迎合出来ない様子も楽しい)

北陸・石川県出身の私は
どちらかと言うと、関西出身の
奥さんに共感しちゃいますね。

7』を『ひち』って言います。

ひちならべ
ひちふくじん
ひちにんのこびと
かざぐるまのやひち

うん、言う言う。
関連記事
スポンサーサイト

2016年夏はオリジナル新作『彼は波の音がする 彼女は雨の音がする』

ぶらぶらみの虫