堀尾省太さんの
漫画『刻刻』全8巻読了。



『真を未来に送り出すって事、
忘れちゃいけなかった』


や〜、面白かった!

患者さんに教えて頂いてから
少しずつ少しずつ読み進めて、
遂に全巻読み終わってしまいました。

読み終えるのが
もったいない面白さだったんですけど、
どんどん読み進めたくなる面白さ。

なので、最終巻読んだ後、
もう1回最初から読み直しちゃいました。

や〜、面白かった!(2回目)

ああいう登場人物でこうも描ける、
読ませるとは…凄いですね!
(その登場人物がまた良いんです)

しっかり作られた物語を、
間延びすること無くテンポ良く、
全8巻で描き切っているのも凄い。

そんなに長くない作品なので、
少しでも引っ掛かるものがあれば
一気読みをオススメします!




P.S.
こくこく』かと思ったら『こっこく』でした。
関連記事
スポンサーサイト

『水平線の歩き方』『君をおくる』劇場稽古映像

いいでん! 220回/みずしな孝之[漫画]