観に行ってきましたよ!
キャラメルボックスの舞台
時をかける少女』大阪公演。

キャラメルボックス『時をかける少女』

や〜、良かった!

原作小説をしっかり引き継いだ
まさに続編的な内容。

切ない別れを素敵に描き、
それなのに笑いもいっぱいあって、
泣いて笑って大いに楽しみました!

タイムリープのシーンを
どうするかと思いましたけど、
そこはタイムトラベルものを
数々やってきたキャラメルボックス、
流石でしたね〜。

思い出すとにんまりとしてしまう
あのラストがまた素敵で…。

実写映画やアニメ映画など
いろんな『時かけ』がありますけど、
どれとも違うしっかりキャラメルテイストな
素晴らしい舞台版『時かけ』でした!


P.S.
今公演は、開演前の舞台セット
撮影OKタイムでした〜。

キャラメルボックス『時をかける少女』舞台セット

前説も撮影OK!

キャラメルボックス『時をかける少女』前説
(前説は加藤昌史さんと新人・石森美咲さん)


P.S.(2)
今公演のみき丸くん。

『あざらしになるまで待って』

みき丸くん『あざらしになるまで待って』

え〜っと、
キャラメルボックスの作品に
『嵐(あらし)になるまで待って』
というのがありまして(略)。
関連記事
スポンサーサイト

世界鬼(11)/岡部閏[漫画]

Wizard's Soul 〜恋の聖戦〜(4)/秋★枝[漫画]