映画と言えば

少し前に、狗飼恭子さんの小説
東京暗闇いらっしゃいませ
中目黒楽日座シネマ』を読みました。



『映画館は映画を
上映する場所、ではない。
映画を観る場所、
観てもらう場所だ』


読み始めは、蘊蓄にちょっと
「うっ…」となりかけましたけど、
ガラガラの映画館にお客さんを
呼ぶというお話にちょっとワクワク。

大きな盛り上がりは無く
割と淡々していましたけど、
さらりと読めて楽しめました。

巻末の『著者による極偏向的注釈』も
面白かったですよ。

気になるのもあったので、
作中に出てきた映画を
何本か観てみようかな?
関連記事
スポンサーサイト

梨の腰痛

木根さんの1人でキネマ/アサイ[Web]