「もうすぐ3巻が出るんですよ」

と、患者さん(中学生)が
楽しみにしている、蒼月海里さんの
小説『幽落町おばけ駄菓子屋』(1巻)を
読みました〜、まだ1話だけですけど。



『黄昏と境界の街
幽落町へようこそ』


角川ホラー文庫』なんていう
シリーズなので心配でしたけど、
あまり怖かったりグロかったり
しなさそうなので安心しました。


ホラーなど怖いのは
苦手なので…。



(↑じゃ、なんで読むの!?)


P.S.
いまのところ
出てくるおばけ(アヤカシ)は
ほのぼのとしたものばかりで
読みやすいですよ。
関連記事
スポンサーサイト

境界のRINNE 第1話『謎のクラスメート』

頭文字D Final Stage(1)(2)[DVD]