行ってきました、東京

目的は、
池袋サンシャイン劇場にて上演中の、
演劇集団キャラメルボックスの舞台
クロノス・ジョウンターの伝説』。
(原作は梶尾真治さんの小説)

キャラメルボックス『クロノス・ジョウンターの伝説』東京公演

今公演は2本立てで、
まずはお昼に1本目、
新作『パスファインダー』を観劇。

梶尾さんのクロノスシリーズを
キャラメルボックスの成井豊さんが
オリジナルで書き下ろしたという
とんでも無い作品。
(もちろん許可を頂いてですよ)

これがとても良かったです!

確かに梶尾真治さんの
クロノスシリーズなんですけど、
キャラメルボックスファンも
大いに楽しめるキャラメルテイストに
しっかりなっていましたね〜。

クロノスシリーズの他作品に比べて
良い意味でソフトになっていて、
優しい感動に包まれました。

主演の岡田達也さんが、
個人的にはいままでに無いぐらい
優しく柔らかい印象だったんですけど、
それがまた素敵でしたよ!

客演のD-BOYS陳内将さんも
良くて、キャラメルボックスに
すっかり馴染んでいましたね。

カーテンコールで
「キャラメルボックス入団3年目の…」
なんて言っているぐらいでしたから〜。

キャラメルボックスファンも
D-BOYS(陳内将)ファンも
梶尾真治ファンも、そして
そのどれでもない人もきっと
楽しめる素晴らしい舞台でした!

みき丸くん 祝30thバージョン


P.S.
終演後のカーテンコールでは、
今回も撮影OKタイムが設けられていて、
ここではなんとダンスシーンをリプレイ!

キャラメルボックス『パスファインダー』ダンスシーン1

キャラメルボックス『パスファインダー』ダンスシーン2

このダンスシーンが
とても格好良いんですよ〜。

ダンス曲は、鈴木理一郎さんが歌う、
書き下ろしの新曲『SEASONS』。
これがまた格好良くてもう!


P.S.(2)
撮影OKタイムにはもうひとつ、
夜に上演される『クロノス予告編も。

吹原和彦が時を跳ぶ!

キャラメルボックス『クロノス』予告編1

キャラメルボックス『クロノス』予告編2

キャラメルボックス『クロノス』予告編3
関連記事
スポンサーサイト

オッボエラレナイ

東京は寒かったです