和月伸宏さんの漫画&
黒碕薫さんの小説が一緒になった
るろうに剣心 裏幕 -炎を統べる-』読了。



『所詮この世は弱肉強食。
強ければ生き、弱ければ死ぬ』


登場人物紹介が約25ページ、
漫画『炎を統べる』が約80ページ、
小説『その翳、離れがたく繋ぎとめるもの』が
約110ページほどの全229ページ。

漫画はちょっと少なめでしたけど、
志々雄様と由美の出会いの物語は
面白かったです!(アノ技も見られたし!)

ラストの志々雄様と由美の
やり取りも良かったな〜。

小説は、この『炎を…』のノベライズ
基本方治目線となっています。
華火とのお話や十本刀とのなれ初めが
書かれていて、これまた面白かったです。

るろ剣ファンは是非〜。


P.S.
でもお値段はちょっとお高め。
『漫画だけ』の値段だとかなり。
関連記事
スポンサーサイト

ぼくらが狩りに出る理由

こすもす名古屋