ずっと謎だった、川越の
魔法のパン屋『岩田屋』さん
遂に足を運ぶことになりました。

足を運んだのは、やはり日付けが
変わるか変わらないかぐらいの時間。

やっているかな?
やっていないかな?

ワクワクしながらも
ちょっぴり緊張…あ。


やってる!


相変わらずの深夜営業。

でもこのときは
行列は出来ていなくて、
お客さんは私の前の2組だけ。
珍しい。

このお店で人気なのは


コッペパン。


先にいたお客さんも
やはりコッペパンを注文。

単なるコッペパンではなく、


中身が3種類


○あんこ&バター(あんバタ)
○ジャム&バター
○ピーナッツバター&バター


お店のおじさんが
注文を受けてから、
パンに切れ目を入れて、
バターなどを塗って、
紙で包装して、
出来上がり。

なるほど。
毎回そうやって作っているので
行列になりやすいんですね。

もちろん列になるぐらいお客さんが
来ているからこそ、ですけど。

で、私もコッペパンの
あんことジャムを注文。

出来上がる間、おじさんに
開店時間のことを聞いてみたら、
やっぱり夜から深夜の間で、


夜食用ですね」


と言っていました。

なるほど。そのつもりで
営業されているんですね。
(いろいろ説はありますけど)

そして、出来上がったパンを
帰って早速食べました(深夜なのに…)。

ん~、コッペパン自体が
とても美味しかったですけど、
魔法のパン』とは大袈裟だったかな?

でも、その存在に
ちょっぴりワクワクさせられた
この不思議なお店を、


魔法のパン屋


と言うのは大袈裟じゃないかも。


※2006年頃の真昼の岩田屋さん。
川越の岩田屋


<おしまい>
スポンサーサイト

ニンテンドーDSと一緒に
先日の『ゴースト トリック』
兄に貸してしまったので、
昔懐かしのファミコンソフト
スーパーマリオブラザーズ』を
GBASPでプレイプレイ。



む~、難しい…。

しかもマリオ


ちょっと操作しづらい!


そっか~、昔のマリオは
こんな動きでしたっけ~。

それでもなんとか
ピーチ姫を助けてみようと、
ワープを駆使して8-1まで
行ってみましたけど、
あっさりゲームオーバー…。

ダメだこりゃ~と思って、
電源を切って気が付きました。


手、汗でびっしょり…。


ほんのちょっと
プレイしただけでコレ!?

マリオ…恐るべし…。


P.S.
エクリン腺からの精神性発汗ですね。

治療院の待合室の本を、


もう少し
増やしてみようかな?



と思います。

とは言っても、
コスモス治療院は予約制のため、
待ち時間はあまりありませんので
1度の来院でそんなに本を読む
時間はないんですけどね。

となると、
なるべく1話完結もの
区切り良く読めるものが良いかな?

そうすると、
『引き』が強いものが多い、
少年漫画系は難しいかも。

案外、竹書房系の4コマ漫画とか
読みやすくて良さそうですけど、
あれはサイズがちょっと大きい
ですからね~、う~ん。

…と、言うわけで、どんな本が
並ぶか、どうぞお楽しみに~。


ポチッ!
只今人気ブログランキング参加中!


P.S.
雑誌の置き方も
どうにかしたいんですけどね~。

「きっとあのお店には
 魔法のパンが売っているんだよ」


大学生の頃、友達とそう言っていた
パン屋さんが川越にありました。

当時そのお店は、友達との間で
『謎のパン屋』さんになっていたんです。

何が謎って、


『深夜の営業』&
『深夜の行列』。



そのパン屋さん、お昼は
いつ前を通っても閉まってるんですよ。

ちょっと古い建物だったので、
もうやっていないんだと
最初は思っていました。

ですけど、ある日。

日付けが変わるか変わらないかぐらいの
時間に前を通ってみたら…あれっ!?


お店が開いている!


それだけでも驚きだったんですけど、
お店の前には、


なんと行列が!


一体そのお店でなにが…?

気になるものの、結局
確かめられなかった私たちは

「きっとあのお店には
 魔法のパンが売っているんだよ」


ということにして、
その存在を楽しんでいました。

そして月日が流れ、数年後。

ある日の深夜にふと思いついて、
ひとり、足を運んでみました。

その謎の、魔法のパン屋さん、


岩田屋』さんに。
川越・岩田屋さん
(2003年頃の岩田屋さん[2012.1.30追加])


つづく

や~、雨、
昨日はよく降りましたね。

なので、特に出掛けもせず、
おウチでじっくりゲームをプレイ。

<死>から始まる一夜のミステリー。
『トリツク』『アヤツル』で、
死の運命を変えろ!


ニンテンドーDS
ゴースト トリック


は~、面白かった…。

聞いていた通り、
10時間ほどでクリア出来ましたよ。
(日数としては4日間)

この時間の短さが購入の
きっかけの一つでした。

程よい難しさのパズル要素は、
操作はシンプルで、ヒントも
いろいろ出るのでなんだかんだと
詰まらずに進められましたよ。

あとストーリが章ごとに
細かく区切られているので、
比較的止めやすくて良かったです。
(章の途中でセーブして止められます)

ま、それでも終わりの方は、
のめり込んで続きが気になって、
全然止められませんでしたけど。

ん~、
10時間を最初から最後まで
たっぷり楽しみました!


※『ゴースト トリック』PV。



P.S.
クリア後にイベント追加などが
ないのも、ゲームをやり込まない
私には嬉しいボリュームでした。