学校で柔道大会が行われました。

1?3年の全クラスと対戦するリーグ戦。
これはなかなか大変そうですね?。

と、他人事なのは


「入学時有段者」は参加出来ないから。


なので、応援に専念させてもらいました?。
みんな頑張れ?!


さて、私たちのクラスの初戦は3年生でした。

2年半練習してきた優勝候補の3年生に
半年練習してきたルーキー1年生がいま挑む!
(あ、少年マンガみたい…)

さぁ、その結果は!


1勝4敗の完敗…。


やっぱり強いですね?、3年生は。

ですが、大将のKさんが一矢報いたときには
大盛り上がり!見事な一本勝ちでしたから。

他のクラスの人をも
「あれは凄かった!」と興奮させるほど。
う?ん、お見事!


さてさて、こうなるとライバル視を
したくなるのは同じ1年生クラス。
おそらく向こうも同じはず。(ですよね?)

同じ1年生だからこそ負けられない…。
一緒に勉強をしている仲間同士が遂に激突!
(やっぱり少年マンガ…)

さぁさぁ、その結果は!?


2勝3敗の惜敗…。


う?ん、惜しかった?!

やっぱりお互いの実力には
そんなに差がなかったように思います。

ですが、負けは負け。

クラスのみんなも身に染みたらしく、
大会終了後にあちこちでこんな声が。


「1対1で負けると悔しい…」
「柔道、真面目にやる!」


試合で負けてしまったことによって、
みんなの心に火がついたようです!
(まさに少年マンガ…)

よ?し、みんな!
このままあの夕陽までダッシュだ?!

『オ?ッ!』

って、最後はもちろんフィクションです。

スポンサーサイト

さくらももこさん
おんぶにだっこ」を読みました。

今回のこの作品はいつもよりも
しっとり(?)していますね。

さくらさんの作品に多い
楽しく笑えるような作品とはちょっと違います。
ご本人もあとがきでそのようなことを書いてますし。

ひとりずもう」に続く、慣用句シリーズ第2弾。
完結作となる次回も楽しみです。

タイトルはなんでしょうね??

勤労感謝の日。
皆様、いつもお疲れ様です?。
ゆっくりお休み出来ていますでしょうか?

と言う私は、本日アルバイト。
学校はお休みなのですが…。

早いもので、あと1ヶ月ちょっとで
年末ですね。アルバイト先では
年末年始の予定を聞かれます。

希望としてはやはり


元日前後にお休みを?!


田舎に帰るのに
どうしても2?3日欲しいのです…。

お休みを取ることで厳しいのは、


『複数のアルバイトを
している』ということ。



一方のアルバイト先でお休みを
取れても、もう一方で取れなければ
意味がありませんからね?。

そしてそして、複数の
アルバイトをしているということは


それだけ多くの人の
不満を買っちゃいます…。



「え?!出られないの?!?」
「ぼんさん、休むんですか?!?」

ごめんなさい、みんな。
みんな、ごめんなさい…。

その分他の日は頑張りますから。


だから、休ませて。

接骨院でいつかやってしまうのではないかと
心配している失敗があります。

それは、


「いらっしゃいませ」


と、患者さんに言ってしまうこと…。

販促など他のアルバイトをしているので、
いつか混乱してしまいそうな気がします。

と心配するのも、この間
Nさんが患者さんをベッドに案内するときに


「こちらのお席へどうぞ」


と、言ってしまったから。

次は私の番かも…?