今日も行ってきました

今日も寒い寒い。

そして、
今日もアルバイトの面接。
行ってきました。

今日は『メイン(長期)』の方ではなく
『繋ぎ(短期)』の方の。

面接と言っても、
その後に研修をやるといっているので、
おそらく決まりなのでしょう。良かった。

面接会場には一番乗り。

しばらく待って、1名到着。
その人を見て気がついた。

うわ、もしかして…?

続いて2名、3名…そして全員到着。

あぁ、予感的中。
あぁ、やってしまった。

皆、スーツ。


私、私服。


(しかも、ジーンズ…)

そんな一人浮きまくりの状態で、
面接&研修開始。

面接と言っても書類に記入する
程度だったので、すぐに研修開始。

わ、この時期だと新入社員研修みたい。
周りもみんなスーツ姿ですし。
私を除いてですけど…。

しかし!面接後の
研修にて担当者さんがこんなことを。

「今日はスーツの人多いねぇ。
 どうしたの?アルバイトのときは
 スーツだけれど、今日みたいな研修は


 私服でいいのに」


私、一人、ニヤリ。

でも、担当者さんもスーツ姿なので、
浮きまくりには変わりなし…。

研修は8時間みっちり。

いろいろな説明や
ロールプレイングなど。

ふぅ、疲れました…。

この研修を踏まえて、
いよいよ明日アルバイト開始です!

とその前に、


スーツを用意して
おかなくちゃ。

スポンサーサイト

今朝撮ってきました

寒い寒いと思ったら、
雪が降っていました。
寒いわけですね。

そんな冷え込む中、
アルバイトの面接に行ってきました。
『繋ぎ(短期)』の方ではなく
『メイン(長期)』の方の。

昨夜、あれからメインに考えていた
アルバイト候補先の担当者さんから
電話があり「それでは面接を」と
いうことになったのです。

なので、
慌てて証明写真を撮ってきましたよ?。

で、面接の方はと言いますと、


好感触♪


やはり『経験者』というのは
強みなんですね?。

いえ、私もそれを分かって
武器にしたんですけれど…。

このまま順調に決まると良いです?、


ここで『好感触♪』と
言ってしまった以上は…。

明日撮ってきます

探していますよ、アルバイト。

で、気付いたのですが、
まだ履歴書を買ってきていない…。

ま、それは後回しにして。

まずはアルバイトを申し込まないと。

目星は付けておいたので、
早速電話でアルバイト希望を伝え、
面接の日時を伺おうとしたところ…、


担当者さん、留守…。


出端をくじかれた感がありますが、
とりあえず後日折り返しの連絡を
頂くということで、一歩前進。


このアルバイトをメインにするとして、
それが決まるまでの『繋ぎ』とする、
短期アルバイトをインターネットで
探しましょうか。

ネットでアルバイト検索、便利ですね。

何が便利って、こちらで条件を
指定すれば、該当するものだけを
教えてくれるんですから。

今回の条件はもちろん『短期』。

3月末という、
時期が時期だからでしょうか、
まぁ出てくること出てくること。
結構あるものなんですねぇ。

ちょうど手頃なのが見つかったので、
このままHP上でエントリー(応募)。

すぐに担当者さんから
メールで連絡が。早っ。

こちらも早速返信をして
面接日も決めてしまいました。

うわっ、トントン拍子?。

この勢いに乗って、
履歴書も買ってきてしまいましたよ。

よーし、一筆入魂!
出来上がりっ!

…あ!

と、そこで気が付きました。


証明写真がない…。

すべて白色

ワクワクドキドキ(?)の入学前に


『採寸日』


というのがありました。

名前の通り、
学校で使用する柔道着と白衣の採寸。
(あと靴のサイズも測りました)

それが、


ものの10分で終わりました。


早っ。

入学前に学校に来るのはこの採寸日のみ。
次に学校に来るのは入学式のときです。

いよいよだなぁと思いますが、
まだ10日ほどあるので、
それまでは


まだまだ春休み状態です。


あ、アルバイトは探していますよ…。

アリさんはやはり働き者でした

引っ越しシーズン。
皆さん、引っ越していますか?

私は引っ越しました。
遠く未知なる土地へ。

しかも、これが初めての引っ越し。

いやぁ、大変ですね、引っ越しって。
とは言っても、私がしたのは
荷造りと荷解きだけですけれど。

振り返ってみると、業者さんには
大変お世話になったものです…。

搬出のときには思いの外
荷物が多くなったなぁと思い、
「すみません、荷物多かったですよね?」と
軽?く聞いてみたら、引きつった苦笑いで
「いえ…」と言わせてしまいました。

積んだ後のトラックを見ていませんが、
多分、ギリギリだったんでしょうね…。

また搬入のときには
まったく部屋の配置を考えておらず、
「どこに置きますか??」と聞かれているのに
「どこに置いたら良いと思いますか??」と
逆に聞いてしまったり…。

あのときの業者さんの顔、
「いま俺に聞いた!?」というような顔、
忘れられません…。

振り返ってみると、業者さんには
大変ご迷惑をかけたものです…。