大阪城

おっと。明日は
第23回アロマテラピー検定ですね。
(4年前の私の受験の様子はコチラ)

今頃は最終チェック中でしょうか?
それとももう完璧?

私の検定前日の記憶としては、
試香紙(ムエット)を使って、
香りテスト対象精油の復習を
していたことを思い出します。

香り嗅いでを当てるという、
慣れない試験方式なので念入りに、と。

ま、実際の検定では
精油の入った小ビンが配布されるので、
試香紙は必要なかったんですけどね…。

それを思い出すたびに、なんだか
ちょっとトホホな気分になります…。
スポンサーサイト

あ、届きましたよ!

先日申し込んだ
第23回アロマテラピー検定受験要項!
第23回アロマテラピー検定受験要項

院内で配布していますので、
受験をお考えの方はお申し出くださいね〜。
(申込期間は8月20日(金)からです)

ちなみに試験日は11月7日(日)

2級は10:45から、1級は14:00から
試験開始だそうです。(併願可)

検定試験まであと3ヶ月ちょっと。
いまから勉強しても充分間に合いますよ。

興味がある方はチャレンジしてみては?


P.S.
私の1級受験のお話はコチラ!

先日日本アロマ環境協会から
届いた書類の中にこんなものが。

第23回アロマテラピー検定資料申込書。
20100706aroma.jpg

ポスターや受験要項の配布用ですね。
面白いかも。

試しに5部ぐらい申し込んでみようかな。

ちなみに検定申込期間は8月20日(金)から。
検定試験は11月7日(日)ですよ〜。
(検定試験まであと4ヶ月!)

ん?梅雨の晴れ間かな?
でもまた午後には崩れるんですかね?

さてさて。
患者さんにアロマテラピー検定
お話をしたら興味を持たれたみたい。

良かったら…と、私の持っている
1・2級の検定テキストをお見せすると、
もの凄く集中しているのが分かるぐらい
じっくりと読んでいらっしゃいました。

す、すごい…!

そこまで入れるなら
多分検定もバッチリですよ〜。

受けてみてはどうですか?

ちなみにアロマ検定の合格条件は


正答率80%。


これだけ聞くとかなり厳しそうで
「う〜ん…?」となりますけどけど、
合格率は1級も2級も


90%ぐらい。


この数字(合格率)が
「受けてみようかな〜」って
気にさせてくれますよね!

「アロマテラピー検定の
 テキストを買ったんですよ〜」


と、患者さん。
どうやら検定を受けられるとか。

わ〜、頑張ってください!
応援しますよ〜。

テキストを開いてみると、最初は
勉強の方法に戸惑うかもしれませんけど、
まずはざっとテキストを読むのが
良いかな〜と思います。

過去問から出題傾向をみて、
勉強するポイントを押さえておくのも
手かも知れませんけど、いきなり
それは難しいですからね。

ジューセーの国試勉強のときも

「読んでいるときは分からなくても、
 解剖学や生理学の教科書を最後まで
 目を通すだけで随分分かるようになる」


というようなことを
良く聞きましたよ〜。

とは言っても、
私もこのテキストを読むのに
もの凄く苦労した分野があって、
そこはほぼ過去問で対応したものです…。

その分野とは、


『アロマテラピーの歴史』。


もう連戦連敗でしたよ、


睡魔との戦いは。